トップページ>WEBKEEPERSのご案内

WEBKEEPERSのご案内

選ばれる理由初めてのホスティング30日間返金制度
ドメインってなに?

ドメインとは「インターネット上にあるコンピュータを指す識別子」のことです。

簡単にはインターネット上の「住所」という説明になるかと思います。「東京都新宿区西新宿○○ メガファクトリー」というような住所と同じです。

ホームページの所在を示す「http://jp.webk.net」を「ホームページアドレス(URL)」と呼ぶのはここから来ています。

ちなみに「URL」とは「Uniform Resource Locator」の略語でインターネット上の接続先を指定する規格の事で、各々の情報の種類に対する通信プロトコルとファイルの指定方法を定め、 インターネットエクスプローラやFireFoxなどのWEBブラウザ・ソフトはこれを使ってホームページを検索し接続してその場所にあったデータを呼び出して表示しているのです。

ではこの住所であるドメインとは、どの部分をいうのでしょうか。

例えばメールアドレスが sales@webk.net の場合は、@(アットマーク)のすぐ後ろの部分webk.net がドメイン名となります。またホームページアドレス(URL)がhttp://jp.webk.net / の場合は、 最初の http:// と最後の / を取った部分のwebk.net がドメイン名となります。

ドメイン名の表記は、必ず各々の文字列を「. 」(ドット)で区切り、それぞれ意味を持っています。各々右側からトップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン…と呼び、 ドメイン名によっては申請者が登録出来る部分がサードレベルであるもの「.co.jp」など、またセカンドレベルから決められるもの「.com」などがあります。

ドメイン名はひとつ?

ドメイン名は世界でひとつしか存在しません。人間の場合同名同性が存在しますが、ドメイン名の場合は存在することはありません。

但しその差が僅かな場合があります。例えば 「jp-webk.net」、「jpwebk.net」 では「-」(ハイフン)があるかないかですが両者は別々のドメイン名になります。

また 「webk.com」、「webk.net」、「webk.info」 も別のドメインとなります。よくみると「com/net/info」とトップレベルドメインが違います。

では、次の場合はどうでしょうか。 「jp-webk.net」、「JP-WEBk.net」、「JP-WEBK.net」、「Jp-WEBk.net」 正解は「同一」です。つまりドメインとは大文字、 小文字の判断はせずに純粋に文字列だけを見て判別しているのです。

※文中で使用しているドメイン名はドメインの機能を説明する上で必要なサンプルとして記述させていただいており、他意はありません。

ドメインの意味と役割?

ではドメイン名にはどんな意味や役割があるのでしょう。インターネットに接続しているコンピュータは個々を区別するために「固有の番号」を持っています。

「192.168.0.1」といった「.」(ピリオド)で区切られた4つの数字の並びをご覧になった事があると思います。実はこの数字が「アドレス」(住所)なのです。これを IPアドレスと呼びます。

つまりこのIPアドレスは、どの番号がどのコンピュータであるかを示しているのです。もちろんIPアドレスは重複していません。そしてこのIPアドレス番号の一覧表として持ってるのが DNS(ドメインネームシステム)サーバなのです。しかし、このような数字のみでコンピュータを表示されたらどうでしょう?

私のメールアドレスは、ales@192.168.0.1です。私のホームページは、http://191.168.8.10/ です、と言われても覚えるのはとても難しいですね。

このような数字の羅列では非常に使いにくく、分かりにくいためにドメイン名を割り当てているのです。IPアドレス一つひとつに個々の名前(ドメイン名)を割り当てる事で使いやすく、判りやすくしているのです。 つまりブラウザで何気なくhttp://jp.webk.netと打ち込みホームページを閲覧していますが、実は一旦 IPアドレスに変換されているのです。

それではドメイン名はどうやってIPアドレスに変換されるのでしょうか?それは、先程出てきたDNS(ドメインネームシステム)サーバで、ドメイン名をIP アドレスに変換しているのです。 DNSサーバにはそのドメイン名がどのIPアドレス番号であるかという情報を持っています。そしてそのドメイン名にアクセスがあった時に

※jp.webk.net (アクセス) → DNSサーバ (検索) → 192.168.8.10

という変換作業が行われ、どこのコンピュータであるかを記録情報のリストを元にして目的のサーバに到達させるのです。

ドメインの種類は?

ドメイン名には大きく分けて2つに分類されます。ccTLDとgTLDです。

ccTLDとは、Country Code Top Level Domainの略称で、トップレベルドメイン(TLD)Top Level Domainが決められたコードに基づき国や地域単位で割り当てられているドメイン名になります。
JP(日本)、US(アメリカ)、AU(オーストラリア)、FR(フランス)などがそれになります。これらのドメイン名の取得と使用については、その国に在住していなければならないなどの制限がある場合がありますので、 取得を検討している場合はそれぞれのドメインに関して確認が必要です。

gTLDは、Generic Top Level Domainの略称で、セカンドレベルを申請者が登録することができるドメイン名の事です。 特にTLDとは、COM/NET/ORG/INFO/BIZ/NAMEなどが該当します。 これらのドメイン名は(一部を除いて)誰でも登録申請することができるドメイン名です。

ccTLD gTLD
属性型地域型:.co.jp/.ne.jp/.or.jp/.gr.jp .com/.net/.org/.info/.biz
汎用JPドメイン:.JP  

【属性型地域型ドメイン】
co.jp/ne.jp/or.jp/gr.jp などサードレベルを登録することができるものをいいます。

【汎用JPドメイン】
「.JP」=jpの前のセカンドレベルを登録することができるJPドメインをいいます。 たとえば、webk.jpといいったものになります。

ドメインの種類は?

では実際にドメインを申請取得するにはどうしたら良いかというと… ドメイン取得のページをご覧ください。

とにかくドメイン名は先願方式(早もの勝ち)なので、先に申請した人に権利が発生します。 取得しようと思った時には既に他の誰かがそのドメインを申請している場合取得できなくなります。

思いたったらすぐに、ご希望のドメイン名が空いているか、まだ誰も取っていないかチェックをしてください。 ドメイン名のチェックはウェブキーパーズのトップページもしくはドメイン工房のドメイン検索の窓をご利用ください。

※ 取得するドメイン名によっては書類が必要な場合もありますので、前もって確認しておいてください。

既に多くのドメイン名が存在している今では、シンプルな文字列による新たなドメイン名の取得は困難な状況です。しかしせっかく取得するドメイン名です、 ぜひお気に入りの覚えやすいいい名前を考えてください。ここではドメイン名を考える際の参考となりそうな点をお知らせします。

ドメインの種類 使用可能な文字 使用可能な文字数
.com/.net/.org 半角英数=「A~Z」「0~9」
半角ハイフン=「-」
半角63文字以下
属性型JPドメイン
JPRS
半角英数=「A~Z」「0~9」
半角ハイフン=「-」
半角3文字以上
63文字以下
.JPドメイン
JRPS
半角英数=「A~Z」「0~9」
半角ハイフン=「-」
半角3文字以上
63文字以下

【注意事項】
■ 全てのドメイン名において既に取得済みとなっているものは新たに取得する事はできません。
■ 全てのドメイン名においてそのドメイン名の頭と終わりが半角ハイフンのものは取得できません
■ [$%&#~,^]@*?!などの記号は使用できません。
■ 「co.jp」ドメイン名は会社法人の方のみ、「or.jp」ドメイン名は会社以外の法人団体の方のみの申請に限られます。また、いずれも「1法人1ドメイン名」のみの取得となりますのでご注意ください。
■ 「ne.jp」「or.jp」ドメイン名を取得する際、印鑑と印鑑証明書が必要です。予めご用意されることをお奨め致します。
■ ウェブキーパーズでは日本語ドメインの取得は現在行っておりません。