トップページ>WEBKEEPERSのご案内

WEBKEEPERSのご案内

選ばれる理由初めてのホスティング30日間返金制度
ホスティングってなに?

ホスティングとは、インターネット通信事業者様の所有するサーバのうちの一部の領域もしくは一台丸ごとをユーザ専用に有料で貸し出し、ユーザ自身が独自のサーバとして運用するサービスのことをです。

ホスティングのサービスには色々なタイプがあります。

一部領域を貸し出す「バーチャルホスティング(仮想サーバ)」、一台専用で貸し出す「サーバホスティング/サーバレンタル/レンタルサーバ(専用サーバ)」、 そしてユーザが所有するサーバマシンをデータセンタ内のラックに設置し預かる「ハウジング(コロケーション)」などがあります。 ウェブキーパーズではサービス名称として一部の領域を貸し出す「ウェブホスティング(共有サーバサービス)」、一台丸ごと専用に貸し出す「専用サーバサービス」 と呼んでご提供しております。

インターネットにはさまざまなルールがあります。ドメインを持って運営する場合はサーバを立てネットワークに接続する必要があります。特にオリジナル(独自)の ドメインを取得した場合は、オリジナルのサーバ(ホスティング)を準備する必要があります。

サーバは常にインターネットに接続できるよう回線と結ばれいて、申請される事で割り当てられたIPアドレスやドメイン名を持ち、必要なサーバソフトを稼働させて使用、 運用されるものなのです。仮に個人で一からやろうとすると大変な作業と費用がかかってしまうのです。

そこでプロバイダやホスティング会社と契約しサーバと回線を安価で借りるようにするのです。これが一般的に言われる「ホスティングする」という事です。

上記解説でお分かりだと思いますが、「サーバを借りる方法」には「バーチャルホスティング(共有)」と「サーバレンタル(専用)」のふたつの方法があります。 ではこのふたつは一体どこが違うのでしょうか。このふたつのサービスの違いをイラストも使って分かりやすくご説明しましょう。

上記図でお分かりいただけたと思いますが、「バーチャルホスティング(共有)」というのは本来一台につき一個のドメインであるべきところを複数の ドメイン名を一台で仮想的に使うことを言い、まるで「マンションにたくさんの人がそれぞれの表札を出していて、住所的にみると○○町○○番地で同じである」 といったイメージになります。一方「レンタルサーバ(専用)」は「○○町○○番地=住所」とそのままになるわけです。 もうひとつホームページを開設する方法に プロバイダを利用する方法があります。この場合「オリジナルドメイン」は通常使用できませんが…、例えば「プロバイダ○○社」のユーザ (仮にABCという名前のユーザとする)としてホームページを開設しようとすると「例:http: //www.○○.com/~ABC/」と言ったホームページアドレス(URL)に なります。もちろんメールアドレスも「例:ABC@○○.com」となってしまい、他のメールアドレスを使用したいとしても別の契約が必要となってしまう場合があります。

会社名やサービス名、組織名や好きな名称=「オリジナルドメイン」を使ってホームページを開設する場合はホスティングが必要となるのです。

オリジナルドメインを取得(*C社がC.comというドメインを取得した場合)し、バーチャルホスティング/サーバレンタルなどのホスティングを契約するとホームページは 「例: http://www.C.com/」となり、一方メールアドレスは「例:B@C.com」となります。
※ ウェブキーパーズでは、メールアドレスの数は各サービスによって異なりますが、共有/専用ともに無制限でのご利用が可能です。

プロバイダの場合「インターネットへの接続サービス」を行っています。ウェブキーパーズでは接続サービスは行っていませんのでインターネットへの接続契約を別途プロバイダで行う必要があります。

ちなみにプロバイダとはインターネットに接続を行う会社を言います。会社や自宅からインターネットに接続するためには(接続を行う場所はどこから接続しても 構いませんが)、必ずプロバイダと契約をし「ユーザアカウント(=プロバイダと契約をすると貰える接続許可が与えられているユーザ名とパスワード)」を 使ってそのプロバイダのアクセスポイントに接続しなければなりません。

ウェブキーパーズはホスティング会社になります。快適にインターネットに接続できる環境にあるサーバを有料で貸し出す事を業務としていますので、 接続サービスは行っていません。皆さんがインターネットに接続する為には接続サービスを行っているプロバイダへの接続契約別途が必要となります。 現在ではADSLや光ケーブル、ケーブルテレビ等のインターネットへの常時接続が普及しています。もし今これらの常時接続サービス各社とご契約されているのであれば、 それを使って接続していただけます。