トップページお客様サポート導入ガイド共用サーバーから専用サーバーへの移転

共用サーバーからVPSへの移転

共用サーバーからVPSへの移転フロー

STEP 1:サービスお申し込み

ドメインの取得手順、または移転手順を確認しサービスをお申込みいただきます。申し込み完了時に弊社でサーバの設定を行います。 サーバの設定が終了しましたら設定完了通知のメールがお客様に届きます。

STEP 2:コンテンツ移動、メールアカウントの作成

サーバの設定が終わるとコンテンツ移動を行います。PLESKのコンテンツ移転機能を使えばサーバからサーバへのデータの受け渡しが簡単にできます。

※ PLESK移転機能を使用できるのは以下のプラットフォームの場合になります。自社サーバ、共用サーバからの移転はPLESKを使用できません。FTPでの移動となります。

  • PLESK
  • Confixx2
  • PLESKの旧リリース版およびFreeBSDまたはLinux向けのPLESKプラットフォーム
  • Cobalt Raq
  • cPanel 9

また、ドメイン移転時には、プロパゲーション (※) が発生するため10日前後は移転前と移転後のサーバを併用してください。

STEP 3:サーバ設定完了

すべての移動が終わるとサーバの設定が完了となります。

※ プロパゲーションとは?

インターネットの仕組み上、インターネットの世界にある複数のDNSサーバがドメインに関する新しい情報を読み込むまで、接続環境によっては古いデータを見に行ってしまい、 新しいサーバにたどりつかない現象のことで、ドメイン移転時に特に注意すべき事項です。 DNSの変更後プロパゲーションが発生している期間に、 新サーバのみでメールの設定をしている場合は、しばらくの間メールが受信できない可能性があります。 同様にウェブページのコンテンツを新サーバのみにアップロードしている場合は、 しばらくの間ページが表示されない可能性があります。 したがって、ドメインを移転する際には、どちらのサーバにアクセスされても問題がないよう旧サーバにもウェブページおよびメールの設定を残しておく必要があります。 通常、プロパゲーションは10日前後で終了します。 旧サーバでメールが受信されなくなれば、プロパゲーションが終了した目安となります。