共用サーバーの初期設定ガイド(メール&ウェブサイト編)

メール&ウェブサイトの設定

ガイドイメージ7

6. Eメールの設定

eメールの設定を行います。
前ページ(5)のドメイン登録を確認して画面下の「ドメイン」に登録されているお客様のアカウントのドメインがありますのでクリックしてください。(図上)
※そのドメインの管理画面が開きますので、そこで「サービス」の項目中の 「メール」をクリックしてください。(図下)

ガイドイメージ8

7. 「新しいメール名の追加」をクリック

新しいドメイン「XXXXXX」のメール名のぺージを確認します。
「ツール」内の「新しいメール名の追加」 をクリックします。 P

ガイドイメージ9

8. 新しいメールの情報を入力

「メール名作成」のページで、ご使用いただくメールの設定を行います。
「@」マークの前に登録、設定したいメールアドレス名を記入します。パスワードも自由に決めることができます。 OKをクリックして決定します。作りたいメールアドレスは、同じ方法で追加してください。

ガイドイメージ10

9. メールの詳しい設定

メールアドレスを設定すると、各アドレスごとに詳しい設定を行うことができます。
ここでは、メールボックスのサイズの変更、転送設定、SPAMフィルタ、ウィルスチェックの設定などをメールアドレスごとに簡単に設定することができます。
それぞれの変更、利用するボタンをクリックして、設定を行ってください。
※SPAMフィルタ、Dr.Web(ウィルスチェックソフト)も標準(無料)で装備されています。

10. メールソフトの設定

メールソフトでのメールを送受信するために、ご利用のメールソフトの設定を行ってみましょう。
※ここでは例としてOutlook Expressの設定についてお伝えします。

Outlook Expressの設定方法

  • 1. Outlook Express を起動
  • 2.「ツール」から「アカウント」を開く
  • 3.アカウントの設定画面が開きますので、「追加」から「メール」を開く
  • 4. 宛名として表示させたい名前を記入して「次へ」をクリック
  • 5. 「既存の電子メールアドレスをしようする」を選択して、ご利用のメールアドレスを記入
    例: yourname@webk.net
    ※「受信メールサーバの種類」については、「 POP3 」の場合
  • 6. 送受信メールの設定は以下の通りに入力
    POP3: mail. お客様のドメイン名 (例: mail.webk.net )
    SMTP: mail. お客様のドメイン名 (例: mail.webk.net )
    ※POP3 のポートは 110 、 SMTP は 25 です。
    ※ドメイン名を新規にお申し込み、ご登録されたお客さまの場合、ドメイン名の登録が完了しても、ドメイン名での接続までは数日かかりますので、 その間 ホスト名(設定通知内に記載)を使ってFTPをご利用いただくことができます。 また、他環境から移行中でまだDNS切替前のお客様も同様にホスト名(設定通知内に記載)を指定ください。
    アカウント名 / ログイン名: お客様が作成致しましたeメールアドレス
    ※アカウント名=メールアドレス
    パスワード:お客さまがご登録いただいたパスワード
  • 7. ご記入が完了したら「次へ」「完了」をクリックしてメールソフトの登録は完了です。

実際にメールの送受信を行ってみてください。

メール送信が不可能な場合の対処方法

メールの送信が不可能な場合、「Outbound Port25 Blocking」の制限にかかってしまっている可能性がございます。対処法は以下をご確認ください。
Outlookのツール ー> アカウント ー> メールアカウントのプロパティの詳細設定タブにあります送信メールのサーバのポート番号を 25 から 587 へ変更し、「OK」をクリックして完了です。
詳細はこちらをご確認ください。

ウェブメールのご利用

以下のURLへアクセス頂くだけでご利用いただけます。 お客様のドメインの有効化後、下記URLよりお客様のドメインウェブメールへお進みください。
http://webmail. お客様のドメイン名
※共有サーバでのウェブメールは、Hordeを使用しています。

11. ウェブサイトの設定について

メールの設定と同様にドメイン名をクリックしてセットアップのページへ移動します。
ドメインを登録する際に既にホスティングのセットアップを行った場合は、設定は完了しています。 ※バーチャルホストとしてドメインを追加して頂く場合は、『物理ホスティング』を選択します。

ガイドイメージ11

ホスティングタイプ

物理ホスティング : ドメインのバーチャルホストを作成する場合に選択してください。

標準転送 : Webブラウザを介してドメインにURLアクセスされる時に、ドメインURLを別のドメインに転送する場合選択してください。
※ドメインにアクセスするとこのアドレスにリダイレクトされます。URLが変わったことはブラウザを見て確認できます。

フレーム転送 : 宛て先URLがソースとなるシングルフレームを作成する場合に選択してください。
※ドメインにアクセスするとこのアドレスにリダイレクトされます。URLが変わったことはブラウザを見ても分かりません。

12. FTPアカウントの作成

このページで、サイトのコンテンツをダウンロードおよびアップロードするのに必要なFTPアカウントを作成できます。
先に設定を済ませている場合は、IDやPWの変更をここで行うことができます。

アカウントプリファレンス

FTPログイン : FTP接続する際のアカウントを製作します。
新しいFTPパスワード : FTP接続する際のパスワードを入力します。

サービス

サービスを有効にする場合、チェックを入れてください。

Apache ASP 対応 Active Server Pages サポート
SSI 対応 Server Side Included(SSI) スクリプト
PHP 対応 PHP スクリプトを含む html ドキュメントのサポート
CGI 対応 個別の cgi-bin ディレクトリと CGI スクリプト
Perl サポート Perl スクリプト
Python サポート Python スクリプト
FastCGI サポート FastCGI スクリプト
Web 統計 ドメインのアクセス統計保持
カスタムエラードキュメント カスタムエラードキュメント設定

13. FTPでサイトコンテンツのアップロード

FTPを使ってサイトコンテンツをサーバーへアップロードを行います。
※ドメイン名を新規にお申し込み、ご登録されたお客さまの場合、ドメイン名の登録が完了しても、ドメイン名での接続までは数日かかりますので、 その間 primehs.net を使ってFTPをご利用いただくことができます。 また、他環境から移行中でまだDNS切替前のお客様も同様に、ホスト名(設定通知内に記載)を指定ください。

FTP HOST ftp.お客様ドメイン名 もしくはホスト名(設定通知内に記載)
FTP ID [(ログイン編)にて作成したFTP ID]
FTP パスワード [(ログイン編)にて作成したFTP パスワード]

14. 完了

お客様の公開するためのウェブドキュメントは、"httpdocs"フォルダー内に置いて下さい。
これでウェブの公開も完了です。